避妊に失敗してしまう様々な原因を知ることが避妊への第一歩

どうして避妊に失敗してしまうの?

避妊に失敗した女性計画的に子供を作る、将来の為に避妊する。そうしたことは現代社会では何も珍しい事ではありません。
しかし、そウした計画を立てていてもその計画が崩れ去ってしまうことも珍しくありません。
その理由が、避妊をしていたのに避妊に失敗してしまうためです。
このページでは、そうした避妊をしているのに避妊に失敗してしまう理由に焦点を当てて紹介していきます。

適切に原因を把握して、確実に避妊を行っていきましょう。

コンドームで失敗

セックスをする時避妊はしていたのに、失敗していた…というのはよくあることです。
日本ではコンドームで避妊をする方が多いと思いますが、

コンドームが外れていた

コンドームが破れていた

コンドームが膣内に残ってしまった

こうしたことが原因で、避妊に失敗してしまうケースというのは珍しくありません。

しかし、正しくコンドームを使えていなくて妊娠してしまうというケースもあります。

例えば

セックスの途中でコンドームを装着した

という場合。
特に、男性に多いイクときにコンドームをしていれば問題ないという考えですが、
当然これは間違いです。射精前か

コンドームで失敗


そのため、途中でコンドームを付けたから安心というのは間違いです。

当然、イクときに抜いて外に出すというのも上記と同様に妊娠のリスクは十分にあります。
また、抜くのが遅れてしまって中に出てしまって妊娠するケースもあるので避妊の成功率は大きく低下します。

正しく使う事で、高い確率で避妊を行えるコンドームではありますが
あくまでも適切にコンドームを使用できていればという前提での話になるので
コンドームをしているから安心という認識は改めて考えなおす必要があります。

コンドームと併用することで高い避妊効果を誇る殺精子剤についてはこちら
男性にしっかり避妊してもらうためのコツについてはこちら

ピルを飲み忘れてしまった

頭を抱える女性女性が主体となって行える避妊として、ピルの使用があります。

当サイトでも紹介している様に、ピルには低用量ピルアフターピルの2種類ありそれぞれに使い方が違っていますが、それぞれ避妊ができるという効果では共通しています。

ですが、そんなピルも飲み忘れてしまう事によって、避妊効果が失われてしまって妊娠してしまうケースはあります。

2種類あるピルの中でも特に飲み忘れが多いのが、低用量ピルになります。
こちらは、毎日服用が必要になるので服用することが習慣になっている人であれば忘れる事なく飲み続けることができます。
しかし、まだ飲み始めたばかりという方は飲み忘れてしまうことも多分にあります。
更に、低用量ピルは飲み続ける期間と薬を飲まない休薬期間があります。
ですから服用を再開するタイミングで飲み忘れてしまうことも珍しくありません。

低用量ピルについての解説はこちら

また、アフターピルでも2回服用するタイプがあります
1回目はきちんと服用したのに、2回目の服用を忘れてしまって妊娠してしまうというケースも多いです。
特にアフターピルは、避妊の最後の砦である緊急避妊薬です。
それを飲み忘れてしまうことは妊娠を免れないという意味でもあるため、飲み忘れないようにすることは非常に重要です。

最後の砦!アフターピルについてはこちら

基礎体温法でも失敗してしまう

悩んでいる女性昔からカジュアルに使われている避妊法の一つが基礎体温法です。
こちらの手法で避妊を行う人は今でもいます。

ですが、この手法ではあくまで妊娠しやすい時期、しづらい時期がわかる程度で確実に避妊ができるというわけではありません
そのため、この方法を使って避妊に失敗してしまうというケースは珍しくありません。

妊娠しづらい時期やしやすい時期を把握することで計画的に子供を授かるようにしたり
通常の避妊をより確実なものにするといった使い方

ピルを飲み忘れてしまった

誰でも簡単に始められるリズム法(基礎体温法)についてはこちら

IUDやIUSのメンテナンス不足

子宮内に装着する避妊用器具であるIUSやIUDは現在では増えてきています。
こうした装置の装着によって、避妊のことを気にせずとも避妊を行えます。

しかし、これらの装置は3~4年と効果がある期間に限りがあります。
一度装着したから、その後はずっと避妊ができるわけではないので

定期的にメンテンナンスなどを行ったり数年に1度、装置を新しいものに交換する必要があります

それを怠ってしまう事で、装置を装着しているのに効果を発揮せずに妊娠してしまうケースはゼロでありません。

IUSやIUDなど、装置を使った避妊についてはこちら

まとめ

いかがでしょうか?
避妊ができていると思っていても、失敗してしまうケースというのは何も珍しい事ではありません
それぞれ高い避妊率を誇る避妊方であっても、方法や手順を間違えてしまえば一気に妊娠のリスクは高まります。
確実に避妊を行って将来設計を計画的に進めていくのであれば、正しい知識を身につけて確実な避妊を行えるようにすることが必要不可欠です。

アフターピルは絶対常備!

できていると思っていても、できていないケースが珍しくないのが避妊。
自分は大丈夫というその気持ちが、将来設計を大きく狂わせることになることもあります。
ですから、万が一避妊が失敗した時でも対応できる最後の砦であるアフターピルの常備は欠かせません。

今なら個人輸入代行サービスを利用すれば、誰にもばれずに簡単で手軽にアフターピルを手に入れることができます。

こちらでは、アフターピルをはじめとして様々な避妊薬を取り扱っています。
また、コンビニや銀行、クレジットなど様々な支払方法から選べるので安心して輸入代行をしてもらえます。

基礎体温法でも失敗してしまう

IUDやIUSのメンテナンス不足

まとめ

アフターピルは絶対常備!

Scroll Up